新着情報

名古屋市「ウィッグ購入費用助成事業」のご案内

お知らせ 

2019年4月1日より開始しました
名古屋市では、2019年4月から、がん患者の方の身体的・精神的な負担や社会生活上の不安を和らげるため、「ウィッグ購入費用の助成事業」を開始しました。
利用申請の受付、アピアランスケアに関する相談支援は、名古屋市がん相談・情報サロン ピアネットが行います。
抗がん剤治療などの副作用によりウィッグを必要とされる方は、まずはピアネットにご相談ください。

●購入前に申請・交付決定が必要ですので、ご注意ください。
必ず、「交付決定通知書」が届いてから、ウィッグ等を購入してください。

 

詳しくはこちらをご覧ください。
ウィッグ購入費用助成事業のご案内(※名古屋市ホームページにリンクします)
申請・請求に必要な書類をダウンロードできます。

 

ウィッグ購入費用助成事業のご案内(リーフレット)

 

グループピアサポート(患者会)の予定を更新しました

お知らせ 

2019年8月~2020年3月グループピアサポート(患者会)のお知らせ
※詳しくはこちら

 

10月12日(土)西図書館で出張講座を開催します

イベント 

日時:2019年10月12日(土)
   10:00~12:00
会場:名古屋市西図書館 集会室
   名古屋市西区花の木二丁目18-23
   地下鉄/鶴舞線「浄心」下車 4番出口より南へ徒歩3分
定員:40名(要申込・先着順)
申込:9月13日(金)9:30から
   電話またはカウンターで(先着順)
   西図書館 電話521-1451  FAX521-1453
参加費:無料

国民の二人に一人が、がんにかかる時代。
がんから身を守るためには、がんの正しい知識と定期的な「がん検診」が大切です。
「備えあれば憂いなし」のがん講座にご参加ください。

●プログラム
①がんクイズにチャレンジ!!
②がんは早く見つけて早く治す
講師:名古屋市立西部医療センター 院長代行/第一消化器内科部長 妹尾恭司先生
③名古屋市のワンコイン検診を知ろう!
④「がん体験」に学ぼう!

◆詳しくはこちらをご覧ください。

名古屋市「若年者の在宅ターミナルケア支援事業」のご案内

お知らせ 

2018年4月1日より開始しました
名古屋市では、20~30代のがん患者の方が、住み慣れた自宅で自分らしく安心して日常生活を送ることができるよう、在宅サービスにかかる利用料等を助成するなど、在宅におけるターミナルケアを支援する事業を行っています。
利用申請の受付、在宅生活に関する相談支援は、名古屋市がん相談・情報サロン ピアネットが行います。

詳しくはこちらをご覧ください。
若年者の在宅ターミナルケア支援事業

 

若年者の在宅ターミナルケア支援事業のご案内(リーフレット)

 

2019年度 がんのピアサポーター養成講座 開講のご案内

お知らせ 

*7月6日(土)より開講!!
1.募集人数 30名
2.募集期間
申し込みは締め切りました。
3.事前説明会
6/15(土)10:00~
1時間程度
会場:ピアネット

※説明会にご参加いただかなくても、養成講座のお申込みは可能です。
※養成講座へのお申込みが定員を上回った場合は抽選とさせていただきます。

ピアネットでは、がんを体験した方を対象として、ピアネットでの相談支援に取り組む「がんのピアサポーター」を養成します。
ピアサポーターは、がん患者さんやその家族と同じ立場で、がんに関わる悩みについて「どうすればよいか」を共に考える身近な相談役です。そのために必要なことを、約1年間にわたる講座で身に付けます。
学んだことは、あなた自身ががんと向き合うための力にもなります。
生涯を通じて2人に1人が がんにかかる時代。あなたの体験と講座での学びを、がんの悩みを抱えた方々のために、ぜひ役立ててください。
詳しくはこちらをご覧ください。

1 2 3 9